2012年08月17日

Incheon Pentaport Rock Festival 2012@South Koreaにいってきました その4。

本日は帰国です。

たいして書く事はないんですがあとがきとして。

この日はマニックスみてからごはん食べたりとだらだらしてたのでタクシーで深夜1時半くらいにホテルへ。

翌日(というかきょうですね)は6時に空港へ送ってくれるので5時半に起きて私だけ先にチェックアウト。(友達は別便なので)
この日は2時間しか寝てなくてさすがにグロッキーでした(4日間で10時間くらいしか寝てないです)

空港は早い便だからか(8時40分出発)免税店やお店が開いてるのもまばらでしたがとりあえずおみやげを買ってきました。あまりお金は持ってこなかったけどけっこう余ったので換金。

そして帰りは機内で出るジュースを一気飲みしてその後到着まで爆睡でした。

成田着いてからも電車の中で爆睡してしまい、うっかり羽田まで行くとこでした(笑)

韓国のフェス行って思った事ですが、このフェスに出演した日本の某アーティストも言っていたたように音楽に国境も差別もないなというのを感じました。

韓国のバンド全然わからないけど盛り上げ上手ですごく楽しかった!
そしてどのバンドでも同じように盛り上がれる韓国人の音楽ファンの方々。とっても温かい。
そしてあまりのユルさと快適さがとってもステキすぎて感動し、むちゃくちゃ居心地よかったです。

観るものなければいろんなブースがあって、何かと無料でいろいろもらえたり、クラブみたいなとこやプールもあるので音楽に興味ない方でも楽しめます。

困ってたりするとむこうから英語で助けてくれたし、韓国のAshやマニックスファンなどとも少し交流したし、ほぼ全ての韓国人総じてとっても優しかったです。
でなんとなく韓国人の男性にハマる韓流好きの方々の気持ちが理解できましたよ。
タクシーのぼったくりだけは腹立ったけど。

また、韓国のファンもとってもマナーが良くて、どんなに混んでんでいても押したりしないし(日本のライブやフェスで私はこれが一番嫌なので)ホント自分の中の理想的なフェス通りで3日間があっという間でした。

ちなみに、今年は同じ韓国であるジサンフェスティバル(フジの被りフェス)やPentaportの数日後にあったSuper!Sonic(クリエイティブマン主催のサマソニの被りフェス)があったようで、こちらに人気を持っていかれてしまったらしいです。
その中でもこの理想的なメンツを組んでくれたこのPentaport Fesにはとても感謝してます。

お盆シーズンでもフジ3日で行くより圧倒的に安いし、物価も安いのであまりお金使わないし、なによりビール200円だし(笑)
金浦や仁川のどちらでも会場まで近いし行き方が簡単。
またよいメンツ呼んでくれたら行きたいフェスでした。

とにかくありえないくらいサイト更新が遅いけど、毎回日本語のサイト案内もでるし、敷居はそんなに高くないはずです。行きたいと検討してる方は勇気を出してぜひ行ってみてほしいです。
たぶん現地では片言の英語でもなんとかなる!はずです。(責任は持てないけど)

最後に、いろいろこのフェスについて教えてくれたLeafさんやPentaportを招待してくれて現地でいろいろ教えてもらった韓国人のLeeさんはじめMironiブースの方々、私と一緒に行ってくれたお友達2人にものすごい感謝してます。
posted by otometometome at 23:09| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Incheon Pentaport Rock Festival 2012@South Koreaにいってきました その3。

本日はフェス最終日の3日目に続きます。

この日の天気は曇りだったのですが、2日とも降らなかったからこの日も降らないだろうという判断で持っていきませんでした。(後にこの判断が仇となりました…)

この日は、一緒に行った友達のうちのひとりがAshも超好きだけどそれよりもマニックス命なファンなので(マニックスのために韓国行き決めたってくらい)なので11日より早めの9時にホテルを出発。
私達気合い入りすぎ(笑)
ちなみにもう1人のお友達はトリのみ観にくるのでホテルで夕方まで寝てたらしい(笑)

シャトルバス乗ろうとしたら運転手のおじさんに9時半からだよって言われた(笑)

とりあえずバスが動いて10時前に会場に到着。

この日はマニックスの初来韓とあってかさすがに最前列は前日より多い…
しかもジェームス側は既に埋まってました。

私達はニッキー側行くつもりだったのですが、意外と空いてたのいつもの場所を確保。

ちなみに、写真は撮ってこなかったのですが、ごく一部のファンはお手製のTシャツマニックス着てたりフラッグ作ってきたり、コスプレしてたり、ウェールズフラッグでも何かマニックスに見せるためにメッセージを印刷してあったりと相当手が込んだつくりでそういうとこはたぶん日本のファンより熱いというか情熱的です。
韓国ってフラッグとか当たり前なのかな。
なんだかうちら普通でごめんなさいみたいな(笑)

IMG_0190.JPG

そうそう、韓国のフェスは朝に掃除しにおばちゃんがくるので、清掃前の会場はこんな感じでした。
いかに日本がよくクリーンなフェスって言われるかがやっと理解できた気がします。

とりあえず本日もいいポジションを確保したのでごはんを食べに。

本日は焼きそば屋さんへ。(やきそばって日本語ののぼりがあった。)

IMG_0251.JPG

こちらのお店の焼いてる人2人が日本人でした。買ったらコービーをおまけにくれました。ありがとう!

食べた後はマニックスのサウンドチェック(さすがに本人たちはでてこないです)を見てました。ニッキーの羽毛のついたマイク出ただけで朝から大興奮です。

本日はわりと韓国の人気のアクトを揃えてるのか、この日のほうが人が埋まる率が高かった気がします。

本日もとりあえず観たアクトを。

IMG_0255.JPG

Daybreak。みんなNHKの体操のお兄さん並に爽やかでした。眩しかった(笑)

IMG_0256.JPG

Cordrain。日本のバンド。ボーカルがハーフなのかしら。イケメソ。
煽り上手。韓国でも人気あるのかめっちゃ盛り上がってました。
私もヘドバンデビューしましたよ(笑)

このあたりからか雨がぽつぽつ降って参りました。バンド名がコールドレインなだけに冷たい雨を呼んできたようですな…ちょっとさすがに耐えられないのでカッパを買いに。
フジ用のカッパ持って来てたのに会場には持ってこないとかバカだ私。
ちなみに買ったカッパは2000ウォンでゴミ袋にボタンがついたみたいなすごい簡素なつくりでしたが背に腹は代えられない。これでもじゅうぶん重宝しました。

IMG_0257.JPG

10cm。これが一番盛り上がってた気が。後ろの黄色い声がすごかった(笑)
ルックスは普通なんだけどジャ○ーズ並みの人気。

IMG_0260.JPG

Hot Potato。演歌のような渋い感じが印象的でした。

このころから雨がいっそう酷くなりました。
Crystal Castlesのサウンドチェックではステージが雨漏りしてて本当にできるの大丈夫?的な感じでした。
まあそれでもそれほど時間は押すほどなく始まりましたが。

IMG_0263.JPG

IMG_0268.JPG

Crystal Castles。ボーカルのアリスは黒髪が印象的だったのですがこの日は紫の髪の毛になってました。
ちなみに照明は暗くて時々めまいしそうなピカピカのフラッシュが。
途中でステージ中央にまできて歌ってました。

そしてこの日はこのためだけに待ってたといっても過言ではないManic Street Preachers!!長かったー!
しかしこの待ち時間の時の雨が一番すごくて最前列以外みんな帰ったか雨宿りしに行ってしまったのか最前列以外人が居ない!!
これはヤバい!これだったらマニックス怒って帰っちゃうだろうとヒヤヒヤでしたが杞憂でした。
ちなみに、待ち時間の間別のステージで行われてるThe Inspector Cluzoがものすごい観たかったんですけどマニックスのために諦めてたのですが今思うとこの時余裕で観に行けたなあとおもったのでした…

このころにホテルでくつろいでたお友達がきたので合流しました。

IMG_0270.JPG

ちなみに、雨がすごかったのもあってセットは後ろは女の子の垂れ幕、いつもニッキーのうしろにあるよくわかんない置物たちなどは出ず(一度はモンローの写真とか置こうとしたのだけど雨で諦めたっぽい)、これまたよくわからないギラギラした人形も犬のやつのみ。羽毛が付いたマイクも雨で心配だったけどこれはなんとか出しました。ほっ。
特にショーンのドラムセットあたりの雨漏りがすごかったみたいで本気でヒヤヒヤ。

開始20分くらい前になったらいつの間にか後ろは人が集まりこんな感じ!よかったー!

IMG_0273.JPG

そして始まりました。日本と同様Speed Of LifeのSEにのせて登場。

ジェームスは明るい紫のポロシャツに腕にウェールズのワッペン。
ニッキーはオリーブ色のジャケットとパンツでサングラスかけてました。
顔のペイントはあんまり覚えてないのですが赤が入ってた気が。(スミマセン)
えーと、ショーンはステージからあまり見えなかったんですが紺っぽいTシャツ。

とりあえず私が撮った写真はこちら。

IMG_0279.JPG

IMG_0281.JPG

IMG_0284.JPG

IMG_0288.JPG

IMG_0293.JPG

コチラにいい画像があったのでコチラでお口直しにどうぞ。

そういえばマニックスが始まるといつのまにか奇跡的に雨は止んでました!わーい!



マニックスもベストヒット的なセットでした!
初来韓ではしゃぎすぎなのかなんとニッキー何度もジャンプしまくり!!(おじさん大丈夫か?)
韓国のファンや日本から来てるコアなファンにもファンサービスすごい!
ジェームスもケンケンしながらいつもより多く回ってますだし。
ショーンもドラムは走らず安心してみられました(笑)



そして、雨が降ったからあの曲やってくれないかなーと思ってたら雨に唄えばのカバーやってくれました!ギャー!!
特にRaindrpos〜は私が初めて買ったマニックスの音源なので(←なんでソコなの?)思い入れも深くてB-side好きな私にとってはホント幸せな時間でした。
私の大好きなRevolやMassesもやってくれて韓国来た甲斐があったニダよ。感無量。

たぶんRevolのあとに帽子を被ってでてきました。おパンツはさすがにやらなかったです。Stay Beautifulも。
(さすがに初来韓でイロモノ扱いとかファッコフはねえ…て配慮ですかね)

そういえば中盤でDesign For Lifなので、え!もう終わり?と思いましたが今回の最後の曲ははTolerateでした。

Setlist

Motorcycle Emptiness
Your Love Alone Is Not Enough
Ocean Spray
(It's Not War) Just The End Of Love
The Everlasting
Everything Must Go
Found That Soul
You Stole The Sun
Revol
You Love Us
Raindrops Keep Falling On My Head
Masses Against The Classes
A Design For Life
Some Kind Of Nothingness
Slash N' Burn
Tsunami
Motown Junk
If You Tolerate This Your Children Will Be Next

Setlist Quote: "The point is that destruction is fundamental to the process; without it, you never get anywhere interesting." JENNY SAVILLE

いくつかyoutubeに動画があがってたました。(現時点では6つあがってます)


そういえば若干ですが韓国と日本の盛り上がる曲が若干違ってました。
でもどの曲でも大合唱(しかも口パクでなく完璧。とくに私の右隣のニッキーと同じ帽子被ってた熱いファンすげー)

そんなわけでまたビール飲んで(だって安いんですもの)最後はお好み焼きをを値切って(日本食食ってばっかり 笑)、また当然終電がないのでタクシーで帰りました。
そしてまたぼったくられた!(前日よりはスムーズに説明できたけど高速代金でまた強気に出られた。まあ前日より1万ウォンくらい安かったけど)

そして翌日の帰国に向けて寝るのでありました。
posted by otometometome at 11:16| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

Incheon Pentaport Rock Festival 2012@South Koreaにいってきました その2。

続きまして本日は2日目です。本日は晴れて日差しも強め。週末の天気予報がずっと雨だったので晴れてよかった!

とりあえず様子がわからないのでちょっと早めの10時に出発。(会場は10時からオープンで開始はメインステージの開始が14時くらいから)

IMG_0174.JPG

本日は無事リストバンドも白いやつからまともなリストバンドに交換できました(笑)ほっ。
(ピンクが10〜12日の3日通し、緑が11.12日の2日通しです)

IMG_0173.JPG

ちなみに入ってみると、こんな感じでガラッガラなので最前列の右寄りをゲット。Ashのマークを目の前で観れる位置です。

IMG_0175.JPG

とりあえず時間までかなり時間があるし混む気配が全くと言っていいほどないので(笑)荷物だけ置いてフードエリアでごはんを食べる事に。

IMG_0172.JPG

この日は暑かったのでスタミナつけるためにキムチ丼とハンバーガーとビール。

そういえばタバコの販売ブースがあるんだけど灰皿が一切ないので喫煙所はあるの?てきいたらAnywhere(どこでも)と(笑)
どこでもいいのかよ!(笑)なんともユルい…

ちなみにフードエリアでは韓国の食べ物以外にもなぜか焼きそばやお好み焼きなどの日本食が売っていてなんとなくホッとします。

その後も誰も寄ってこないインチョンのゆるキャラと戯れたり(やはりかぶりもの見ると血が騒ぐお年頃です)ブースでいろんなものもらったりと始まる直前までぶらぶらしてました。

とりあえずこんな感じのアクトを観ました。

IMG_0184.JPG

The Qemists。UKのバンドでHadoken!みたいな感じ。(テキトーですみません)非常に煽り上手で知らないなりに大盛り上がり。韓国のファンも熱くてかなり盛り上がってました。

IMG_0188.JPG

The Koxx。韓国のバンドのようで非常に人気があるみたいです。熱狂的なファンも多かった。どっかで名前きいたことあるなと思ってたんですがたしかアジカンのナノムゲンサーキットやらのサポートとかででてましたね。(たぶん)
不思議な曲調とボーカルとギターの衣装につっこみどころ満載です。普通に良かったです。

IMG_0194.JPG

FACT。日本のバンド。お面してなかったです(笑)
何となくこの手の音は韓国の人好きそうな気がします。

IMG_0195.JPG

そういえば演奏中スピーカーが燃えだしていました…。

IMG_0306.JPG

そういえばこの日のこのあたりの時間帯から蒸してきて人が多くなったからか、何度もセキュリティの方がモッシュピットにこちらのペットボトルの水を投げ入れてくれるのです。(もちろん無料)
投げるセキュリティも投げるの上手いしキャッチする客も上手に受け取ってます。モッシュがあったときはこのペットボトルの水をモッシュピットにぶちまいてくれます(笑)すごい太っ腹。なんてステキ!
なので水買う必要が全くありません(笑)

さて、時間もそろそろいい時間になってやっとお待ちかねのAshです!
ほぼこのためだけにPentaportきたんですから!

IMG_0176.JPG

ちなみに、この時私達の隣にいた韓国人の方がかなり熱烈なAshファンらしく、2010年のフジも見に行くほどのAshファンで、Ashのためにこちらのフラッグをもってきてました。Ashのファンてどこの国もいい人多いなーて思いました。しかもこの方、ティムに私達のこと(日本から来たAshファンがAsh観る為だけに6時間待ってるよ!)をツイートしてくれたみたいでなんていい人なんだ!優しい!

IMG_0196.JPG

ちなみにマークとリックはサウンドチェックで出てきてたので、マークファンの私と友達がマーク!(若干黄色い声)て呼びかけたら反応してくれました黒ハート
ギャーギャー騒いでたらシーって人差し指を口に当ててニヤニヤ(笑)
私達も気づいてくれた時点で感無量でもうこの時点でライブ観なくていいやってくらい満足。
そういえばマークのベース、久々Transformersのステッカーが付いてるほうのベースだったです。最近このステッカー付きのベース使ってなかったから嬉しい。

そしてAshのライブ始まりました。
とりあえず写真です。あまり日の目を見ないマーク多めで撮ってます(笑)

IMG_0212.JPG

IMG_0206.JPG

IMG_0209.JPG

IMG_0213.JPG

IMG_0217.JPG

入場時は久々にフライングVもってティム登場!ティムはいつもの黒いパンツにAtomic HeartTシャツで登場。
髪がめっちゃ伸びてて友達からは不評を買ってました(笑)

リックは渋めの緑のTシャツに黒のベストで頭が坊主になってた!このフェスの為に丸めたんでしょうか?
マークはサウンドチェック中と違う赤いTシャツになにげに着替えてるし(笑)

ちなみにマーク側は隣のフラッグが目に入る位置だし隣の友達はFAAツアーのVIPTシャツだし私もLittle InfinityTシャツだしハードコアな韓国と日本のファンに囲まれてご満悦そうです。
何度も目が合ってしまいニヤニヤしてくれましたし豪快な開脚もキレキレで完璧です(笑)
(お友達曰く「無駄な演奏スタイル」だそうです(笑)←すごいわかります)

最近はやさしいリックに浮気してたけどやっぱりツンデレのマークが一番ですわ黒ハート


動画も撮ったのですが写真も両方ともiPod Touchで撮ったものなので画質も音質も圧縮してあるためよくないですが完全に自己満足です(笑)

そういえばROWRの前かBBBの前くらいあたりに川向かいで花火が打ち上げられてとっても素敵な演出でした。すごい感動的!!(スノパトやマニックスの時もこんな演出なかった!)

リックのインタビューの予告通りLittle Infinityからはやらず、ベストヒット的な曲のオンパレードでした。
TOTIとかArcadiaやってほしかったけどEvil Eye聞けたので全然満足。(リハではTOTIのベースライン弾いてた…)

IMG_0218.JPG

高画質映像(yourubeにいくつかあがってたので拾ってきました)


Setlist

Lose Cotrol
A Life Less Ordinary
Girl From Mars
Goldfinger
Jack Names The Planets
Walking Barefoot
Oh Yeah
Kung Fu
Shining Light
Evil Eye
Orpheus
Return Of White Rabbit
Burn Baby Burn

Snow Patrolはどーしても観たいと私のわがままで友達も道連れに一緒にいてもらったのですが、特に最前で観たいとかそんなのは全くなかったので最前から離脱してみんなでごはん食べたりトイレ行ったりしばらく自由な開放的な時間をやっと過ごせました。
そうしてるうちにいつの間にかステージは満杯!さすがトリ。

ちなみにスノパトは4年前韓国に行ったときソウルのCDショップではじめて聴いて知って好きになって、(韓国ではスノパトは洋楽ファンのなかでは知名度が高いみたいです)ずっと来日願ってたのですがやっと韓国ですが初めて見る事ができました。韓国で知って韓国で観れるってのがなんかとても縁があったようで嬉しい。

いろいろ写真も撮ってみました。遠くからだから全然わからないけど(笑)

IMG_0234.JPG

IMG_0242.JPG

IMG_0244.JPG

やっぱり一眼デジカメ持ってきとけばよかったって大後悔…

スノパトもやった曲ほぼ全部わかるくらいのベストヒット的な選曲でした。

Runの時にAshの20周年がうんたらかんたらでAshに捧げますって言ってました。



そしてその後、スノパトの中でも最近の曲の中では一番好きなFallen EmpiresにスペシャルゲストでなんとAshのリックがドラムで登場!けっこう遠くの方から観てたので小さくてどれがリックだかわからなかったけど…



スノパトとAsh仲良しだなあ。貴重な競演が見れてよかった。

高画質映像(yourubeにいくつかあがってたので拾ってきました)


そして最後まで大合唱で終わったのでした。しあわせ。

なにげに一緒に観た友達スノパトは昔のしか好きじゃないと言ってましたが私より盛り上がってたの見逃しませんでしたよ(笑)ふふふ。

Setlist

Hands Open
Take Back The City
Crack The Shutters
This Isn't Everything You Are
Run
In The End
Make This Go On Forever
Shut Your Eyes
Chasing Cars
Chocolate
Called Out In The Dark
Fallen Empires
Open Your Eyes
You're All I Have

Enc

Lifening
Just Say Yes

終わった後は既に24時くらいなので終電がなく、会場でタクシーを拾ってホテルへ。
しかし、英語も微妙で私達は韓国語が喋れないため、かなり(特にこの日は)ぼったくられました…
(本当は25000ウォンくらいで行けるのに言葉が通じないから(ふりをしてるだけなのかもしれないけど)高速代がどうのとかかなり強気で言い出して40000ウォンぼったくられた…)
まあ日本のタクシー代に比べればこれでも割安なのでまあいいか…

そしてシャワー浴びてもう既に2時を回ってたので明日のマニックスに備えて泥のように寝るのでした。
posted by otometometome at 19:38| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Incheon Pentaport Rock Festival 2012@South Koreaにいってきました その1。

とりあえず10日の昼に私ひとり先に出発です。(友達は別便のため深夜に到着でホテルで合流)

IMG_0119.JPG

私が今回乗った飛行機は成田発のEastar Jetという韓国系のLCCで普段なら往復2万かからない程度なんですが今回は4万円台でした。お盆だししかたない。

IMG_0303.JPG

ちなみに機内食はなしで、みかんジュースのみ。なのでこちらに乗る際は予め食べ物飲み物など買っておいたほうがよさそうです。

IMG_0124.JPG

そして出発から2時間後、無事インチョン空港に到着。
心配してた天気もくもりで気温もほぼ東京と変わらないくらいで、少しじめじめいてましたが涼しかったです。

ホテルは仁川空港にも会場にも比較的近い雲西地区のこちらのホテルをチョイス。
周りにはコンビニや24時間営業の飲食店、ロッテマートなどあるのでなかなか便利。
トイレがすごいかわいい感じでした。
ホテルも空港から送迎付きだし日本語話せるスタッフも一部いたし、3人で3泊(トリプル)でも一人当たり1万以下という(ひとりだったら18000円〜くらい)格安さです。

初日はとりあえずさっぱり見たいものもなかったし友達のぶんのチケット交換が目的なので夕方5時くらいに会場に向かいました。

IMG_0126.JPG

会場までは空港高速鉄道ALEXで雲西(ウンソ)駅から1つめの黔岩(コマム)駅なので、らくちんでした。

IMG_0135.JPG

追記:最近こちらの記事を検索される方が多いので補足を。2013年は会場がアラ仁川旅客ターミナルからソンド(松島)地区に変更されております。詳しくはホームページのArea Trafficをを参照してください。

ちなみに、切符は以前行ったときのように紙ではなく、プラスチック製の切符でした。

IMG_0127.JPG

買い方は、日本語表記もあるので安心。
1回用切符に乗車料プラスデポジット料の500ウォンを払います。
IMG_0137.JPG

で、目的地の駅で改札出た後デポジット料の払い戻し機があるのでそちらで500ウォンが戻ってきます。
乗るたびに払い戻すので意外とめんどくさいシステム…

IMG_0138.JPG

黔岩につくとすぐにシャトルバスがずらーと並んでるのでそれに乗って10分くらいで到着。

そしてチケット交換です。

IMG_0139.JPG

各チケット会社ごとにブースがあってそこで交換。英語で対応もできるし日本語話せる人もいました。

ちなみに、友達のチケット交換しにきたのですが、リストバンドが本当なら交換できる予定が届いてなくて明日の以降にならないとありませんと言われました。

IMG_0141.JPG

ちなみに、私のリストバンドもなくてこんな感じの仮の無地の白いリストバンドを装着したんですが本当にこんなんで大丈夫なのかしら(笑)
先行きが不安…

IMG_0143.JPG

入場すると初日だからか人も少なめ。なんかゆるーい雰囲気が伝わります(笑)
日本のフェスみたいに殺伐としてなくてすぐにこの超フリーダムな雰囲気が気に入りました。

fm-1.jpg

こちらが今年のエリアマップ。

日本でいうと中規模のフェスみたいな感じです。フジでいうグリーンステージくらいの広さの中にすべてのブースやステージが入っててちょっと縦長なかんじです。
本当にAshとかスノパトとかマニックスとか来るのかしら(笑)

とりあえず今回招待をされたMironiのブースへお礼もかねてご挨拶に。
今回対応してくれた方が日本語ぺらぺらの韓国人の方でいろいろお世話になりました。
また、授業の一環でこちらのブースでお手伝いをしにきている日本人の留学生もいて、なにかと日本語でお話できて楽しかったですし、韓国で不安だったことなど色々教えてくださったりバナナや飲み物やウェットティッシュや光る腕輪等くれたり何かといたれりつくせりでホントありがとうございました。

とりあえずブースを離れたあとはメインステージで韓国のバンドのアクトを見つつフェスごはんを食べました。

前回までチャージ式のブレスレットでのの支払いときいてたのですが、今回は現金制だったのでホッとしました。

ちなみにビールがなんと3000ウォン(約200円)でめっちゃ安いのです。しかも日本のビールのように苦くない!普段あんまり飲まない私でも1日平均2〜3杯は飲んでました(笑)

とりあえず初日に撮った風景いろいろ。

IMG_0131.JPG

IMG_0149.JPG

IMG_0150.JPG

ピクチャ 11.png

IMG_0144.JPG

IMG_0163.JPG

IMG_0153.JPG

IMG_0152.JPG

フェスごはんはやっぱり肉とかキムチ系のものが多く、辛いのが大半。でもどれもすごいおいしいです。

ちなみに、タイムテーブルが次のアクトまで2時間とかあるのでどのアクトでもほぼ最前以外はいません。(ヘッドライナー級ですら最前以外はいない感じでみんな空き時間に別のアクトがまるまる観れるので他へいってしまい15分前くらいの直前になって急に人が集まってくる感じ)

このタイムテーブルのつくりかたは素晴しいと思う。本当に日本も見習ってほしい。大物呼べばいいってもんじゃないです。

ちなみに、このステージ、バンドが本番?演奏中にこんな感じなのでどれだけフリーダムかがわかっていただけると思います(笑)

それから、トイレ事情ですが、個数じたいは少ないのですが1つのボックスに4つのトイレがあるのであまり並ばないし奇麗で広いです。洗面台や鏡までついてました。

一番心配だった泥事情ですが、メインステージは人工芝がひかれていてまったく問題ないし、土地の半分くらいはアスファルトがしかれているので多少の雨なら問題ない感じでした。

とりあえず雰囲気を軽く楽しんだとこで電車のあるうちにホテルへ戻り友達が来るまでWi-fiが利用できるのでネットしてたりしてました。で、深夜1時頃に友達もチェックインして合流。明日に向けて寝るのでありました。
posted by otometometome at 12:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Incheon Pentaport Rock Festival 2012@South Koreaにいってきました その0。

8月10〜12日まで韓国のPentaport Rock Festivalにいってきました。

このフェスは2007年の時に知りまして、そのときにAshやMuseなどが出たのですが、その時に見たAshの映像がとても印象的で、いつかAshがまたこのフェス出たら行ってみたいというか絶対行こう、ってずっと決めてたのでした。
Ashは相当昔から大好きだったけどそれまであまりAshのライブ自体に興味がなかったのですが、この動画がきっかけでライブへ行くようになったのです。

ちなみにこちらの動画です。

Ash Twilight Of The Innocents


5月後半に公表したPentaportの第1弾でAshとスノパトが出るってわかった瞬間とりあえずどの日程に入ってもいいように3泊4日にしたんですが、この時期はちょうどお盆で、航空券が通常時の倍と意外と高めだったのですが、安めのLCCを見つけたのでとりあえずお盆シーズンなのでかなり早めに押さえました。(それでも飛行機代と宿代含めて5万以下ですみました)

lineup_title2.jpg

ちなみに、6月中旬に第2弾で、何とまさかのManic Street Preachersが追加!
ぎゃー!俺得すぎる!!
このときにやっと日割りも出て、行こうかと悩んでた友達2名も急遽参加することになりました。

ところで、このフェス、噂には聞いてたのですが

サ イ ト 更 新 す る の が 遅 す ぎ る

のです。タイムテーブルは1週間前、エリアマップとか開催の2〜3日前だし(笑)
問い合わせしてもメールこないし(汗)
もちろん初めて行く海外フェスですからもう不安すぎて不安すぎて。

そこで、韓国のロックフェスに何度も行った事あるLeafさんにコンタクトをとり、いろいろPentaportのフェス事情や天気事情などを教えてもらいました。その節は本当にありがとうございました。

ちなみに、早割チケットは韓国でしかとれないというのもあって、当日券で買うしかないかなと思ってたのですが、今年は日本人在住者向けのチケットが7月中旬に日本向けの韓国情報サイト、KONESTで予約できたのでそちらでとりました。11.12日の2日券で9000円と当日券の10%オフ価格くらいでした。安っ。

553930_473875852622603_630101032_n.jpg

ちなみに、自分のチケットだけは、日本人在住者向けのたまたまチケットを探してた時に韓国のLast.fmみたいな音楽アプリ、Mironiの日本人向けサイトの上記の抽選でPentaportの3日通し券の招待(環境負担金として30000ウォン、2500円くらい払うのですが)をやってて、それに応募したら何と当たったので私だけ3日通しで行く事にしました。

とりあえずこれからこちらのフェスに興味ある方にわかりやすく説明をまじえてレポートしてこうと思います。けっこう毎年いいラインナップ呼んでる割に認知度が低いのかなかなかPentaportのレポを探してもなかなか見つからないので来年以降行こうと検討してる方に少しでも参考になればと思います。
posted by otometometome at 10:45| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

今年の夏は。

538360_10151840148160187_618776098_n.jpg

今年は行きたかったFEEDERの単独やらフジの3日目(Japandroids観たさに)やサマソニの2日目やらその他諸々色々やりたいこと諦めセーブしてまして8月に4年越しに場所は違えど念願の夢(海外フェス)を叶えに行く予定です。場所は韓国の仁川、Pentaport Rock Festival。

どうかお願いですからデモとかデモとかデモとか(←しつこい)台風とかきませんように。

4年前の悪夢はくり返したくありませぬ(切実に)

今回は1人ではなくお友達がいるので心強い。
飛行機私だけ別便なので現地のホテルで合流だけど(笑)
果たして現地で合流できるのでしょうか。不安炸裂。
posted by otometometome at 00:00| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

Manic Street Preachers@Studio Coastにいってきました その2。

201205181709000.jpg


昨日に引き続きManic Street Preachers観にいってきました。

とりあえずホテルを早々とチェックアウトしたあとはどこ行こうかなと思ってたんですがちょうどスカイツリーが見えたので近くまで行ってみようということで完成後のスカイツリーを見に錦糸町までバスで行ってみました。(この日はまだスカイツリーはグランドオープン前)

201205181058000.jpg

いつも曇りか雨の日にしか見た事なくてなにげに晴れた日にスカイツリーの写真撮るのって初めてでした。
何か嬉しい。

押上まで歩こうと思ったのですが見ちゃった事に満足しめんどくさくてそのままオリナスモールのタワレコでKeaneのニューアルバム買ったり喫茶店で軽く昼寝したり(迷惑な客ですね)しながらバスで新木場まで。
余裕を持ってきたせいか新木場に早く着きすぎてしまいましたが歩いてる途中でミーグリに当選したお友達に会い会場までお話したりしてました。(プレゼントもいただきました。その節はありがとうです)

別のお友達と合流しいよいよ開場。
本日もニッキー側へ。(前日おパンツ姿でなかったので今日こそ!てノリです 笑)
本日のSEはFoo Fightersかかっててどよめきが起こってた。

そして最初は前日同様SFAのグリフ。
きのうと同じ感じようなセットでしたがギターのアンプにつなぐコードをつないでなくて探してるとか笑いを誘ってました。本日も面白い人でした。

そしていよいよマニックスです。

この日の衣装ははジェームスは黒いシャツジャケットに肩に何かワッペンがついてました(たぶん)
ニッキーは黒いジャケットに大きなドクロのワッペンがついてて顔にもドクロ風のキラキラがついてた。
ショーンは…またもや覚えてない(ショーンファンの方スミマセン)

最初からYou Love Usで大合唱。
そしてLa Tristesse Durera、Everything Must Goと続きFaster!!
完璧な流れです。

そして5曲目にThe Love Of Richard Nixon。
間奏のギターのとこが大好きで生で聞けてものすごい嬉しかったです。

そして7曲目はついにAutumnsong。やっと生で聞けた!
この曲はマニックスをものすごく好きになるきっかけの曲でもあるし、どうしても4年前の悪夢を思い出してしまう因縁の曲でもあり、嬉しさと悔しさが混じって珍しく思わず人目を憚らず泣いてしまった…。

特筆すべきとこは10曲目のNew Art Riot。
私はこの曲は何度かレコードでしか聴いてないのですが生で聞くジェームスの声は音源より厚みがでてました。



12曲目はやはりロンドンのO2公演同様、グリフとLet Robeson Singを歌ってくれました。



私の記憶が確かならグリフはジェームスが紹介するときに下手をさしたのに上手から出て来たり、入場時ニッキーを完全スルーして出てきた気が…面白い人。
退場時はニッキーと抱擁交わしてましたけど(笑)

そしてお待ちかねのStay Beautiful!
Fワードを言いたいだけに辛いお仕事も頑張ってこれました。感無量です。

そして皆さん退場してジェームスは何歌うのかなと思ってたらPCPという言葉がでてきてびっくり!しかもアコースティックでなくエレキギターで。P.C.Pは一生生で聞ける機会がないと思ってたので本当にサプライズでした。



その後(前かもしれません)ニッキーが出てきてまだあるよ、僕の歌のRock'N'Roll Geniusとか言いながらイントロを弾きだしジェームスに止められるやりとり(笑)これもまたサプライズ。

そういえばニッキーのお色直しはスカートでなく豹柄のタイツ(モモヒキといったほうが正しいのだろうか)でした(笑)おパンツじゃなかったですけどなんとなくじかにタイツなのでエロティックでした。ぽっ。

そしてジェームスがToilet songとかいってたSo Why So Sadですが私はこの曲大好きです。

まったり系の曲の後は…やっときた念願のThe Masses Against The Classes!!
この曲はマニックスの中では一番大好きな曲なのでテンションだだあがりでしたしやっと生で聞けた!
またここでも涙でそうでした。(泣かなかったですが叫びました 笑)

…実はMasses聞けた事で感無量で最後のA Design For Life まで放心状態であまり記憶がない(笑)

とりあえず最後はお決まりのDesign For Lifeでした。

そういえば2日目はニッキー笑顔もでてたまに動いてました。ファンサービスもしてました。がやはり時折苦しそうな表情してたなあ…
あと気になったのが着替える前あたりでニッキーが股間をモゾモゾしてました(笑)そういうどうでもいいこと見てるの私だけかと思ったら友達の間でもそのことで話題だったようです(笑)
それから、この日はすごくドラムの音が安定しててなにげにショーンの存在感がいつも以上に際立ってたように思えました。今まで観たマニックスのライブの中で一番良かったです。


201205172130001.jpg

Setlist

You Love Us
La Tristesse Durera
Everything Must Go
Faster
The Love Of Richard Nixon
Postcards From A Young Man
Autumnsong
Slash 'N' Burn
Found That Soul
New Art Riot
Indian Summer
Let Robeson Sing (with Gruff Rhys)
Stay Beautiful
P.C.P. (Electoric solo)
You Stole The Sun From My Heart
So Why So Sad
The Masses Against The Classes
Kevin Carter
Theme From M*A*S*H
Roses In The Hospital
A Design For Life
posted by otometometome at 11:12| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

Manic Street Preachers@Studio Coastにいってきました その1。

201205172149000.jpg


Manic Street Preachersみにいってきました。

今回はNational Terasuresのこれまでの20年のアルバムシングルをほぼやるということでしたしまだ生で聞けてないあの曲たちをやると思ったら楽しみでしかたなくて2日通しで行ってきました。

初日は17時半ごろ到着。

お友達にチケットを頼んでたのもあって合流しその後入場。
今回もニッキー側(2列目)で鑑賞です。

何か前回のコーストでの時と違いちょっとニッキーファンの濃ゆいファンゾーンみたいな位置(場所は前回とほぼ同じとこなのですが)に陣取ってしまい少々オロオロしつつ(笑)SE聞きながら知ってる曲でノリノリになりつつ(Placeboとかかかってました)前座のGruff Rhysが始まりました。

Super Furry Animalsは数曲しか知らないのですが彼のソロも音的にはあんな感じの少しひねくれた感じでした。

ライブでは色々な音をループさせたりよくわからないレコードをかけながら歌ったり日本語のカンペで「ありがとね。」とか(笑)
面白かったですが肝心の歌はさすがに貫禄というか安心して聴ける感じでした。
キャラ的には朴訥としたたたずまいがなんとも愛嬌があってかわいかったです。

そしていよいよDavid BowieのSpeed Of LifeのSEのなかマニックス登場です。

ジェームスはえんじ色の腕にウェールズ国旗が入ったシャツ、ニッキーはいろいろな着いた相変わらずワッペンがついた白いジャケット(Sex PistolsやStar Warsなどが貼られてた。ジャケットの左腕にマニックスのシングル曲のタイトルが入ってたのが印象的(たぶん))を着て頬には☆の形のキラキラしたメイク、ショーンは特に特徴なく(笑)覚えてないです(スミマセン)

そしてセットは去年の12月にロンドンのO2アリーナでやったセットをほぼ完全に再現したセットでした。(後方左右に男女のギラギラのよくわからんマネキン像、下手にはに犬のギラギラの像、あとは桜の木など)

最初はMotorcycle Emptiness。すごい大合唱。

次はYour Love Alone Is Not EnoughだったのですがシークレットゲストでカーディガンズのNina出て来ないかなと期待してたもののやっぱり出てきませんでした(笑)

3曲目はOcean Spray。今回はトランペットのソロはなくジェームスがギターでその部分を演奏でした。

5曲目はAustralia。久々に聞く曲だったのでえーとこの曲は何だっけ…?とサビを聞くまで思い出せませんでした(そんな程度のヒヨッコファンでスミマセン)

その後少し飛んで11曲目でRevol。
この曲は大好きなので聞けて嬉しかったです。



続いてThere By The Grace Of God。Lifebloodは個人的には特に好きな曲が特に多いのでこれもまたとても嬉しかったです。

そして13曲目にTunami…!
もしかしてこの曲は去年の地震のこともあったし配慮してやらないのではと思ったのですが。
ジェームスもサビのTsunami tsunami. Came washing over me〜のとこを心なしか感情を込めて歌ってるように思えました。
そういえばたぶんこのときだろうと思うのですがCorneliusが云々って言ってた気がします。Corneliusリミックスしたんだって言ってたのかそれともCornelius mixで演奏したのかな。

個人的にはこの日は11〜13曲目の流れがハイライトでした。

その後、予告通り日本だけのスペシャルな曲としてFurther AwayとSuiside Alley。ジェームス曰く日本だけ国内盤でシングル出してるからということでやったらしいです。



そして17曲目に新録のThis Is The Dayを。
なんか皆あまり聴き込んでないとかもあるのか周りキョトーンなアトモスフィアが(笑)

本日は静か目の曲が多い中、最後のほうにMotown Junk!やはり初期の曲は盛り上がりが違いますな。
ニッキーのコーラスも聞く事できたし満足。

最後は最近最後にいつも歌ってるIf You Tolerate This Your Children Will Be Nextで終了。

…なんだか色んな意味で自分の中で燃えた感がない。
と思ってたらどうやらお友達たちもそう思ってたらしく。
あとニッキーもあまり調子良くなさそうな顔を時折してたりしてました。

とりあえず曲的に少しはハイライトなとこもあったけど大好きすぎるアレもコレもソレもやってない。
楽しみの1つだったニッキーのお色直しもしてないではないか。
きっと2日目にやるんだということでそのぶん翌日は本日以上に期待できる!ということで帰るのでした。

Setlist

Motorcycle Emptiness
Your Love Alone Is Not Enough
Ocean Spray
(It's Not War) Just The End Of Love
Australia
Love's Sweet Exile
She Is Suffering
From Despair to Where
The Everlasting
Empty Souls
Revol
There by the Grace of God
Tsunami
Further Away(Acoustic)
Suicide Alley
Life Becoming a Landslide
This Is the Day
Some Kind of Nothingness
Little Baby Nothing
Motown Junk
If You Tolerate This Your Children Will Be Next

余談なのですが電車で2時間ちょいで帰れるとこに済んでるのですが最近お疲れ気味なので家に戻るの面倒で少しでも早く多く寝たいというのがあって実は新木場付近の安いホテルに泊まったのでした(笑)

201205171520000.jpg
posted by otometometome at 23:21| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

The Wombats@Shibuya Club Quattroにいってきました。

201203161729000.jpg

The Wombatsみにいってきました。

tokyo.jpg
Wombatsは前々から1stを持ってたにも関わらずなぜかあまり聴いてなくて何かがきっかけでTokyoというタイトルの曲を知りハマりシングル買ったのがどハマりしたきっかけです。

その後改めて1st聴いたら無茶苦茶よいではありませんか(笑)
…というわけで行ってきました。

オザケンの展示がパルコギャラリーであるのをたまたま知り行こうと思って早めに出たのですが渋谷に着いたらあまりゆっくりできる時間もなかったしそれほど乗り気でもなくなってしまいクアトロ下のブックオフで時間をつぶしてから行きました。

実はちゃっかりこんなのを買っていました(笑)

images-1.jpg
Soft Ballet 愛と平和

クアトロに着いて入場したら整理番号はそれほど良い番号でもなかったのですがまだ上手の最前列が空いていたのでちゃっかり潜入。
しかもWombatsは元々ベースの音が非常に好みだったし空いてなくてもその辺で観たかったので願ったり叶ったりです(喜)

ちなみにセットリストを貼った位置が真ん前で丸見えです…ちょっとだけ見ちゃいましたが(笑)

ライブはほぼ定刻通りに始まりました。

私は一切映像を見ず音源しか知らなかったのですがとりあえずベースの人の動きが半端ないです(笑)
しかもヨン様もびっくりのキラースマイルっぷりです(…例えがババ臭くてスミマセン)
もう完全にアナタに 釘 付 け でございます黒ハート
ボーカルの人も小動物みたいで可愛いです。
例えるならメンバーみんなはバンドの名前まんまのウォンバットみたいな感じでした。

あ、ちなみに知らなかったのですがバンドメンバー全員キーボード弾くのですね。
あとはベースの人もギター弾くのですね。
ボーカルさんの持ってるお花のギターが可愛かったです。

…それはさておき、1曲目は2ndからのOur Perfect Diseaseでスタート。
ライブでもキラキラポップ感は変わらずです。ベースの音とコーラスもステキ。

そして2曲目はもうKill The Director。早!
お客さんは少なかったものの盛り上がりまくりです!皆でジャンプ&シンガロングしまくりです。

The Wombats Kill The Director


4曲目はJump Into The Fogだったのですが間奏の轟音ギターソロを楽しみにしてたんですが場所のせいもあってか全然聞こえず…

その後は1st、2ndの曲をやりつつ最後の3曲がむちゃくちゃ私好みの選曲でたまらんでした!
ちなみに最後のTokyoは当然皆大盛り上がりでした!!!

The Wombats Tokyo


アンコールは3曲。最後の曲は知らない曲だったのですがLet's Dance To Joy Divisionは最高に盛り上がってました。ベースの人も下に降りて来てべたべたと触りまくりました(笑)

201203162120000.jpg
最後にベースの方のピックをいただきました。
無理だと思って手を伸ばしたものの気がついたら手のひらに!ぎゃぁあああ!
たぶんこれはきっと私に向けてくれたものだと勝手な想像を巡らせておりますハートたち(複数ハート)

そういえばあまりにも彼らは動きまくってセトリ蹴飛ばしまくってたせいか最後セトリはぐしゃぐしゃのバラバラ状態になっとりました(笑)

ちなみに物販にCDがあったのですが実は先に輸入盤で買ってしまい後で国内盤でボートラ8曲ついてたのもあり、またサイン色紙も欲しさにも国内盤を買ってしまいました(半分くらいは色紙が欲しかっただけというミーハー心で購入してしまったのですが 笑)
201203162328000.jpg

とにかくライブはお客さんの反応の良さもあってかとっても楽しかったし完全にベースの方のファンになったしまた来日したら行きたいです。(AshのマークといいManicsのニッキーといい激しい動きのベーシスト基本的に大好きだな私 笑)

すぐ来る的なことをtwitterでつぶやいてたので次はフェスとかで来るのかしら。

Setlist

Our Perfect Disease
Kill The Director
Girls/Fast Cars
Jump Into The Fog
Patricia The Stripper
Schumacher The Champagne
Techno Fan
Last Night I Dreamt...
1996
Moving To New York
My First Wedding
Tokyo (Vampires & Wolves)

enc.

Anti-D
Let's Dance To Joy Division
Euroshizer(→ググってもでてこないのですが…)

そういえば1stの大好きな曲あんまりやってない。
もうちょっと1stの曲も聞きたかったなあ。
posted by otometometome at 02:00| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

Calvin Harris@WOMBにいってきました。

Q6Y1D41328159624.jpg


Calvin Harrisみにいってきました。珍しくクラブイベント。行ったのは初日だけです。

この日は休みだったのでとりあえず行く前に新宿にマイク・ミルズ監督の映画(人生はビギナーズ)をみてきました。
その後2時間くらい時間が空くのでパチンコやってたらすぐ当たってお小遣い程度に儲けました(笑)

その後は渋谷で友達と合流し23時過ぎまで飲んでからWOMBへ。

入ったらほぼ客は外国人だらけです…しかもみんな背が高いわ…
しかも完全に場違いなところへ来てしまったアトモスフィアが…
クラブなんて数えるほどしか行ってないから(しかもトランスとかハウス系は初めて)色んな意味でカルチャーショック…

とりあえずタイムテーブル見るとCalvinは2時からということでしばらくラウンジで友達とまったり。
かなり客入りが多かったので1時頃にフロアに来たらもうありえないほど満杯状態…
たぶんキャパは800くらいなんだろうけどそれくらいはいたのかも。
皆様どこから湧いてでてきたのでしょうかというくらい溢れてました。

とりあえず人の波を抜けながらあまり人の居ないゾーンを確保。すごいよくブースが見えたし適度に人が居ない感じだったのでここきてよかった。

ちょうどBurnsのDJが始まるとこでした。
彼は全く予備知識はなかったのですが知らなくても全然踊れるし盛り上げ上手です。音も好き。(あとで帰ってきてからYoutubeでみたらけっこうこの人のPVおもしろいです)


ちなみにフロアは終始こんな状態でえらい盛り上がってました。

ちなみにCalvinは彼のDJの横のスピーカー裏でずっと踊ってました(ちょうど私達がいるところから見えていた)

そして繋ぎでCalvin登場!
メインアクトだけあって歓声が半端ないです。

そのままI'm Not Aloneへ。やはりこの曲が一番盛り上がってました。
動画をいくつか見つけたので貼っておきます

I'm Not Alone


Flashback


Rihannna We Found Love


セットとか全部はわかりませんが自身の曲はI'm Not Alone,You Used To Hold Me,Flashback,Awooga(←LMFAOのReminds Me Of You),RihannnaのWe Found Loveとかつい最近リリースしたばかりのFeel So Closeやってました。ColdplayのParadiseもやってた。

ちなみにCalvinはずっと休みなしでタイやら香港やら回ってたのもあってか後半お疲れ気味のように見えました。

ライブとかとはまた違う盛り上がりでひたすら叫んでるか踊りまくってる感じで新鮮でした。

最後はDexpistolsをちらりと少し観て酒飲んで始発まで居酒屋で飲んでました(飲んでばっかりでした 笑)

そして疲れと酔いつぶれで電車ではほぼ寝ながら帰りました(笑)
その後も時差ボケ状態でずっと眠かった…

深夜でこれだけキャパ埋められるんだから次回はオールナイトイベントじゃない時間帯にCalvin来て欲しいなあ…しかもライブセットで。

あ、そういえばフライヤー見たらアルバム近々出るみたいですね。
楽しみ。
posted by otometometome at 01:28| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。