2013年08月30日

Japandroids@Route66 RCA Bangkok,Thailandにいってきました その2。

IMG_1054.PNG


8/14にバンコクにJapandroidsのライブみにいってきました。
やっとライブ編です。

ライブチケットはThai Ticketmajorのサイトからオンラインで日本から購入することができ、早割的な価格で手数料込みで1090バーツ(3300円ちょいくらい)でした。

チケットの交換は当日Box Officeで交換なんですが、何時間前にとり行けばよいのかよくわからなかったので、とりあえず2時間前くらいにいけばいいかしらと18時半頃(開場は20時くらい)ごろに会場のRCA(ロイヤルシティーアベニュー)のRoute66へ行きました。

ホテルから歩いて10分くらいのとこにあります。

IMG_1127.JPG

このRCAの通りはクラブ街で1km先くらいまでクラブだらけの街なんだそうな(笑)
まあど平日なんで閑散としてましたが…。

DSCF0075.JPG

こちらが会場のRoute66(The NovelてのとThe LevelってのがありましたがNovelのほうでした)

ちなみに早すぎたせいかスタッフっぽい人しかいません…
なのでチケットいつ交換ですかと聞くもののみんな英語わからないらしい…

なんとか英語通じるスタッフを見つけとりあえず19時すぎくらいには交換できるよって言われたのでとりあえずホテルに戻るのも面倒だし周り暇つぶせるとこもなかったので会場の外のテラスで待っててよいか聞いてひたすらひとりで待ってました…

中ではJapandroidsがリハやってるんですがカーテンひとつ遮ってるだけなので思いっきりだだ漏れです(笑)
…だいたい何の曲やるかわかってしまった(笑)

IMG_1173.JPG

DSCF0074.JPG

そのうちライブ見にきたっぽい人達やプロモーターらしき人がちらほら来はじめて、マーチャンなども出はじめてチケットもその時交換することができました。
このへんからは英語通じたのでとりあえずホッっとしました。

とりあえず物販はアジアツアーのTシャツ(白のみ)とCelebration RockのCDとPost-Nothingの12インチのレコードでしたが、Tシャツのみ買いました。たしか450バーツくらいだったような。安っ。
おまけでトップの写真と同じポスターも無料でくれました。太っ腹。

このころまだ人がそんなにいなかったのですが、リハ終わりのブライアンがタバコ吸いに外に出て来てたんですが誰も気付いてない…!
のですかさずブライアンに話しかけましたよそりゃ。

最初に声かけたときはブライアンはあまり乗り気じゃなかったっぽいのですが、おいらはるばる日本からバンコクにJapandroids見に来たよ、って言ったら急に態度が豹変(笑)
東京と大阪も行ったよって行ったらなんとなく思い出してくれたっぽい(たぶん)
さらに週末にCitybreakも行くよって言ったら、韓国も?マジかよ?!とテンションがみるみる上がってく(喜)

IMG_1220.JPG

極めつけにNo SinglesとPost-Nothingのカセット(限定500でまだ発売したばかりでした。タイ行くギリギリでPolyvinylから届いた)を持参してきてたのでそれに名前入りでサインもらいました(喜)
これだけやれば強烈すぎて忘れんだろう(笑)

あとでデイブも始まる前にここにくるから楽しみにしててね、と言いながら会話は終了。
この後ブライアンは現地のファンに囲まれてもみくちゃになり身動きとれなくなってた(笑)

開場直前にデイブも外にやってきたんだけどデイブも囲まれておる…(なぜかタイではデイブのほうが大人気でサイン攻めにあってた)

とりあえず少し待ってデイブに話しかけようとしたら先にデイブのほうから私見るなりわーもちろん君覚えてるよ!ありがとう!って!
デイブちょういい人すぎるハート(トランプ)…というか凄い記憶力。
とりあえずデイブにもカセットにサインもらえました(喜)

そんなこんなで開場したので入場。整理番号はありませんので早いもの順です。
入場時の黒服のチケットもぎるおじさんがようこそいらっしゃいませ〜って日本語で挨拶してくれました。

DSCF0081.JPG

Route66(The Novel)の中はこんな感じです。
キャパ的には600〜800くらいっぽいです。
こんな感じで真ん中に花道があります。

人が全然いなかったので花道のデイブ寄りゲット。

DSCF0078.JPG

DSCF0079.JPG

ちなみに私の位置はこんな感じです。近い…

待ち時間の間は隣にいた英語話せるタイ人の男の子がもしかして日本からきたの?と話しかけてきたのでその人とタイに留学している台湾人の男の子と一緒にいろいろお話しました。Japandroidsの話はもちろん、サマソニの話とかタイのロックフェスのSonic Bangの話とか。ちなみにSonic Bangはメンツとチケット代が高すぎて微妙…って皆口を揃えて言っておった。(Sonic Bangは4000バーツ(13000円くらい)。これは日本人からみてもたしかに高い。)
(タイ人の子は)9月から日本に留学するとか言ってたな。
ぼっちだったから彼らのおかげで待ち時間も楽しかったです。ありがとう。

客入りは少なくはないですが多くもない感じでした。
客層は男性がほとんどですが女性も多いです。タイ人の女の子はクラブという場所柄か若くてすごく奇麗な方がとにかく多いのです。
また欧米の外国人も相当多かったです。
だいたい男女比7:3くらいで 現地人と外国人比は半々くらい。

音はクラブだけあるので抜けてて聞こえやすく良い感じでした。照明もモニターがステージ後ろ全面にあったりして新鮮。

DSCF0083.JPG

IMG_1200.JPG

そんなこんなで始まりました。いつものPress CorpsからのAdrenaline Nightshift。



予想通りというかやはり歌ってないとき以外は花道を通りまくりです(笑)
すんごい楽しそうです。ブライアンの華麗な後ろ歩きもキレが違います(笑)

特にブライアンは過去に観た2回よりも全然気合いが違うように見えました。異常にテンション高くてそれがシャウトや音にダイレクトに表れています。
そしてMCも長い。まくしたてるようにそしてまるで少年のように嬉しそうに喋る喋る(笑)

この後のMCでもエキサイトって言葉を何度も言ってた。(相変わらず早口すぎてやっぱり何言ってるかほとんどわかりません 笑 たぶん私のテキトー意訳だと君らがもっと興奮して僕らを盛り上げれば盛り上げるほど僕らはその期待に応えてさらにエキサイトするんだぜ!的な事を言ってました。)

デイブはいつも通りお母さんのような佇まいで淡々としてます。ブライアンの気合い十分なテンションに若干ついてくのが大変そうなところもあったけど。

IMG_1186.JPG

次はThe Boys Are Leaving Town。花道のおかげでいろんな角度からブライアンを堪能できます。ステージの高さがないせいか距離が異常に近すぎる。こんな近くで見られるなんてびっくり。
この曲以外でも隙あらば花道へ行ってます。花道からマイクへ戻る時は背中を客席に向けず後ろずさりで戻って行きます。



次はFire's Highway。その後はWet Hairと大好きな曲が続きます。MCの代わりに誰かの歌のイントロとかを曲の前に弾くんですがわかりません(泣)



IMG_1183.JPG

あとデイブがタイ語でコップンカ〜ッっていってたのが無茶苦茶可愛かったです。

とりあえず撮った写真いろいろ。

IMG_1219.JPG

DSCF0090.JPG

IMG_1198.JPG

DSCF0085.JPG

DSCF0084.JPG

次はArt CzarsでMCではアバンチュールソングがうんぬんかんぬんでスーパーイージー、音源買ってねって言ってました(単語の断片しか拾えなく何言ってるのか私の英語力ではさっぱりわかりません…)

次はThe Nights of Wine and Roses。この曲はデイブのドラムのイントロとブライアンのギターソロが大好きです。ブライアンのドラムに座ってギターソロはハイライトの1つです。



IMG_1191.JPG

IMG_1192.JPG

次はデイブがボーカルのRockers East Vancouver。ブライアンは歌わないのでひたすら花道でこんな感じで弾いてます。



次は2ndで一番大好きなYounger Us!我を忘れて私踊りまくりです。

そしてデイブのドラムソロが素晴しいEvil Sway。



その後はHeart Sweats。(セットリストには書かれてませんがやってた…はず。)

そしてそのまま変則的にSovereignty!これってCrazy/Foreverとセットの曲だと思ってたのでちょっと意外すぎて驚きでした。

その後はYoung Hearts Spark Fire、Continuous Thunderと続きまして次に

まさかのI Quit Girls!!!

タイまで行った甲斐があった!ギャー!!

今までに数回しかライブでプレイしたことがないんだよ、って言ってました。
どうしちゃったのこのバンコクのスペシャルなセット?!

感動しまくりで半泣きになりながらもしっかり動画録ってたんですがコレから肝心のドラムがいいところで入るってところでメモリがなくなりました(号泣)くっそ!



そして皆さんお待ちかねのThe House That Heaven Built!この歌は万国共通半端なく盛上がりますな。
ウォウォウォウォウォウ〜って言うんだよってブライアン嬉しそうだった。

最後はFor the Love of Ivyです。この曲もすごい盛り上がり最後の光景が本当に素晴しいです。

IMG_1222.JPG



最後にThe Clashの曲のイントロ?弾いてました。



1度終了したのですがアンコールの声が止まなく再び登場。

そしてまさかのアンコール!

アンコールは彼らはめったにやらないので有名なんですがなんとやってくれました!

インターネットでアンコールやったこと言っちゃだめだよって言ってたけど書いちゃいます(笑)

しかもアンコールで一生に1度あるかないかの嬉しい出来事があり…

ミラクルすぎて私帰りの飛行機で死ぬんじゃないかとさえ思いました…。

もう本当にタイまで行った甲斐があったよ…(号泣)

ちなみにアンコールはTo Hell With Good Intentionsでした。

Setlist

Adrenaline Nightshift
The Boys Are Leaving Town
Fire's Highway
Wet Hair
Art Czars
The Nights of Wine and Roses
Rockers East Vancouver
Younger Us
Evil's Sway
Heart Sweats
Sovereignty
Young Hearts Spark Fire
Continuous Thunder
I Quit Girls
The House That Heaven Built
For the Love of Ivy

enc.

To Hell With Good Intentions

終了後は東京大阪同様気さくにサインや写真撮影に応じてました。デイブは終了後すぐ出て来てファンと一緒に写真撮ったりしててなんだかかなり忙しそうでした(笑)

とりあえず人気すぎてなかなかチャンスがなかったのですがなんとかデイブと写真撮ってもらいました。
とりあえず日本から来た甲斐があったよとしか言えなかったんですが今思うとあれもこれも言っとけば良かったって激しく後悔…
写真はわざわざ写り具合をチェックしてくれてよし!いい笑顔だ!て言ってた。めっちゃ心から笑ってるいい写真撮れました。

ブライアンは機材を片付けたあとに出てきました。ブライアンも人気者すぎてあんまりお話できなかったんだけど韓国でまた観るの楽しみにしてるよって言えたし荷物にならないくらいの小さなピンをプレゼントあげたら喜んでくれました(捨てられない事を祈る 笑)
アンコールではありがとうって言いたかったけど恥ずかしくて言えなかった…
好きすぎると何も言えなくなる…

何か2人には思ってる事が結局いつも伝えきれなくて帰ってきてから後悔するので今度ライブで会う機会があったら手紙にして渡そうと思ったのでした。

ここで観たライブ、彼らの人柄、オーディエンス、ハコどれも最高すぎてバンコク選んで大正解だった!
そして彼らに死ぬまでついてきたいと心に誓いました。

たぶんこれからも彼ら何度も見ると思うけどもうバンコクのライブは超えられないと思います。ホントそれくらい素晴しいライブだった。

本当に行ってよかった…

一生忘れられない思い出ができました。

翌日は観光&一旦帰国編へ続きます。
posted by otometometome at 12:44| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

Japandroids@Route66 RCA Bangkok,Thailandにいってきました その1。

2日目(14日)はライブの日です。

とりあえずライブは夜の9時に始まるのでそれまで疲れない程度に行きたかったとこへ観光をしに行きました。

ひとり旅ってのもあるしフットワークが軽い人ではないのでとりあえず前からずっと行ってみたかった2カ所行ってきました。

…実は、これから行く2カ所は、旅行に行く1週間前くらいまで例のデモがあって(←またかよ!)通行止めの規制エリアだったため行けないかもと思ってたのですが、直前で奇跡的に規制が解除になりました。

とりあえずホテルの朝食が無料なので朝食を。
時差が2時間あるせいか毎朝5時に起きてしまいます(笑)
毎朝一番乗りでした(笑)

DSCF0062.JPG

朝食後は目的地のドゥシット動物園へ。
実はどうやって行くのがいいかわからなくてホテルの人に行き方を教えてもらおうと英語で話かけるんですが、全く通じずみんな無視されます(笑)
なにげにタイの英語って発音が変で、全然私のへっぽこ英語まるで通じません(笑)
…なので、地図だけもらいどうにか自力で調べて行く事に。
時差のせいかすんごい朝早くから出かけてしまいました(笑)

とりあえずホテルから最寄り駅まで2kmほどあるのですがどんなもんかと歩いてで最寄り駅まで行ったらすごく遠かったです。地下鉄のプラ・ラーム9からペッチャブリー、マッカサンからエアポートリンクでパヤータイまで行き、そこからスカイトレイン(BTS)でヴィクトリーモニュメント駅まで行きました。

DSCF0067.JPG
DSCF0068.JPG

ちなみにBTSはトークンでなく磁気カードで韓国の地下鉄と同じようなやつでした。

で、ここからタクシーかバスに乗らなくては行けない距離なんですが、バスは乗り方が全くわからず、普通のタクシーはこの辺は渋滞がひどく全くつかまらないのではじめてのバイクタクシーに乗る事に。
トゥクトゥクより良心的だし(あんまりぼったくらないので)近距離ならメータータクシーより安いです。
ただノーヘルで狭い車間をすごいスピードで割って入ってったりするのでかなり怖かったですがスリル満点でした(笑)

そして10分ほどでドゥシット動物園へ到着。ここは初めてタイに行ったときからずっと行ってみたかったのです。

IMG_1154.JPG

実はここは象を見るのが最大の目的できたんですが、なんと象エリアは工事中…(号泣)
なので適当に動物みてきました。

実はこの動物園、動物と風景以外は突っ込みどころがいっぱいあって楽しいです。

IMG_1137.JPG

矢印だらけな標識のいい加減なとこがタイっぽい(笑)

IMG_1148.JPG

動物園の中になぜかセブンイレブンやケンタッキーがあったり(笑)
そしてこの動物園にはパンダはいないのにパンダ(笑)おみやげなどもなぜかパンダグッズが(笑)

IMG_1157.JPG

前衛的かつ若干雑な動物のオブジェ群…

など全然動物じゃないとこでかなり楽しめました。

この動物園けっこう広いので、1周するとけっこうな距離。よく歩いた気がします。
なので若干暑さもあってかもうヘトヘト気味に。なんだかんだで昼すぎまでいたな。

その後はトゥクトゥクを使いワット・サケット(ゴールデンマウント)へ。
ここはガイドブックを見てぜひとも行ってみたかったとこです。

IMG_1169.JPG

らせん状になってる坂の階段を上って頂上まで行きます。頂上からの眺めがとてもきれいでした。

本当はワット・アルンもそのあと行きたかったが暑かったので汗もかいたしもう歩き疲れたので諦め、さっさとホテルに戻りシャワー浴びて夕方まで仮眠をとりました。

そしていよいよライブに行ってきます。
タグ:旅行
posted by otometometome at 01:13| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

Japandroids@Route66 RCA Bangkok,Thailandにいってきました その0。

旅行も兼ねて8/13〜17までひとりバンコクにJapandroidsみにいってきました。

今回バンコク公演を選んだのは何度か行った事ある国だし、5年前にBangkok 100 Rock Fesがデモのため行けなかったからあれからバンコクへはどうしても行きたかったってのもあるし、Japandroidsはアジアツアーの初日なので彼らを良いコンディションで見られるということ、サポートもたぶんない(実際なかった)ってのが即決できた最大の理由です。

チケットもThai Ticketmajorで購入できました。航空券買ってホテル予約したあとにライブ会場が変わってしまい宿取り直しといろいろあったけど前もって念入りに地理を調べておいたのもあり、わりと心配はなかったです。

とりあえず今回は出発から到着までのことを。

出発前夜は早朝便のため都内のカプセルホテルに宿泊。(地元から出発だとギリギリということに直前気づいた 笑)そして始発で成田へ。まあ余裕を持って出たので集合時間の1時間前には着いてしまった…

DSCF0039.JPG

今回は初の第1ターミナル。乗るのは行きはハノイ経由のバンコク行きのベトナム航空です。(帰りはホーチミン経由でした)直行便はこの時期なので通常時の4万くらい高くなってたのでまず無理でした(笑)

IMG_1108.JPG

お盆だからと相当混雑を予想してたのですが、意外とあっさりスムーズにチェックインでき、荷物検査もイミグレもすぐに通過できてしまい、1時間半ほど搭乗まで待ちぼうけでした。

そしていよいよ出発です。

DSCF0041.JPG

ハノイまでの飛行機はUSBがついてて充電できるようになってました。なにげに便利。

DSCF0044.JPG

ベトナム航空はとにかく機内食がおいしくて、旅の思い出の1/3はベトナム航空の機内食と思えるほど大満足でした。これはハノイまでの機内食。

DSCF0045.JPG

そして寝てたらいつのまにかハノイのノイバイ空港に到着。降りるときは階段で降りてバスで空港まで移動です。

IMG_1113.JPG

IMG_1112.JPG

こちらの空港、噂には聞いてたのですが乗り継ぎの案内板などがほとんどなく、こちらから言わないと教えてくれず全然わかりません。ゲートもどこから出発とか直前までわからないし(まあ小さい空港だし1つしか稼働してなかったからわかったけど)空港職員も愛想があんまり良くない… 前もって調べておいてよかった…
とりあえずこの旅で一番心配だったハノイでの乗り継ぎが無事できてひと安心。

DSCF0048.JPG

そして3時間ほど乗り継ぎ待ちがあるのでとりあえずベトナムにいるのでwifi使えるカフェでベトナムビールを。
ちなみにここではビールは4ドルなんですが水が3ドルです。水高っ。

IMG_1115.JPG

そしてハノイからバンコクへ。
こちらは2回目の機内食。

DSCF0049.JPG

食ったとおもったらもうバンコクに到着です。

IMG_1117.JPG

バンコクに来るのはなんてったって11年ぶりなので、初のスワンナプーム空港です。広いしとっても奇麗。
降りた瞬間やっぱりじめってして暑いかなと思ったのですが、全然日本よりも涼しかったです。湿度はそれなりでしたけど。

そして空港のセブンイレブンで食料と飲み物を大量に買い込み(泊まるホテル付近にコンビニがない情報を予めネットで調べた)電車でホテルの最寄り駅へ。

空港からバンコク市街へ行くのにエアポートリンクという空港から直結の電車に乗るんですが、各駅停車(シティライン)のやつと特急(エキスプレス)があるんですが、当然貧乏旅行なんで各駅停車1択です。特急は各駅の5倍くらいの値段です。てか特急使っても時間が各駅とそれほど変わらないって…(笑)こういうとこがタイっぽい。

DSCF0051.JPG

ちなみに、私はエアポートリンクでマッカサン駅まで行き、そこから地下鉄のペッチャブリー駅まで歩いて移動し、MRT(地下鉄)に乗り、次の駅のプラ・ラーム9駅でおります。
そういえばマッカサン駅からペッチャブリー駅までスカイウォークができてて(つい最近できたらしい)すんごく移動が楽でした。

DSCF0052.JPG

DSCF0054.JPG

このようにどちらもトークン(磁石みたいな切符)で改札にかざして入場し、降りるときはトークンを穴に入れて出ます。

DSCF0094.JPG

そういえばMRTは改札の入場する前にこんな感じで荷物検査するんですがひっかかって不審者扱いされたらどうしょって思ってた。毎回びくびくしてました(笑)

プラ・ラーム9駅まで出るとスコールが降っててなかなかやまず、タクシーもえらい渋滞してて捕まらず、なんとか30分かけて捕まえたタクシーでさっそくぼったくられました(雨のときは稼ぎ時らしくメーターを拒否されるらしい)
まあ疲れきってたしぼったくられても全くたいした額でないのでしかたない。

そしてやっとホテルに到着。
実はこのホテル、5年前に泊まる予定だったホテルでございます… まあRCA付近で一番安い宿だったのでここしか選択肢なかったんですけどね(笑)

DSCF0055.JPG

1泊3000円ちょっとでかなり古いホテルです。シャワーだけが壊れてたけど部屋は広いし高層階だったので夜景は奇麗だし朝食つきなのでわりと快適でした。そしてコンビニが近所にできてたのでそれが一番ありがたかったです。

IMG_1123.JPG

翌日は観光編へ続きます。
posted by otometometome at 10:29| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

今年の夏はですね。

旅行とライブを兼ねてお盆まっただなかにタイと韓国にいってきました。
タイは4日間、韓国は3日間いってきました。

実は去年からAshが日本以外のアジア(できればバンコク)に来たら観に行きたいと思ってて、昼飯抜きの生活を続け(笑)コツコツ貯金をしてたのです。

だけど4月過ぎてもフジもサマソニこないし何も音沙汰ないなー来ないのかなーと思ってたところJapandroidsのアジアツアーの告知がこのころあり、AshこないのかーじゃあJapandroidsの単独行っちゃうぞとけっこうあっさり即決(笑)

GW前にはバンコク行きの航空券をとってしまいました。(一応ベトナムもしくはオーストラリアと迷ったのですがどっちも行った事がない国なので土地勘がなかった)

ところが航空券をとった直後にAshがバンコクのとフェスとオーストラリアツアー決まりまして(泣)ああこれは無理だ…と思ってたところ韓国とマレーシアのフェスも決まり、どちらもAshとJapandroids同じ日に出るじゃないか!ということでやっぱりAshも諦めきれず、マレーシアは無理だけど韓国のCitybreakなら金銭的にも時間的にもなんとかすれば行ける!ということでこちらもチケット1日券がでることを確認してからはわりとあっさり決めました。

とりあえずタイは3泊5日だったのでライブの日以外は観光も楽しみましたが、韓国はフェスの日以外は移動日の超弾丸ツアーでした(笑)おかげで残高が大変なことになっとります…

とりあえず忘れないうちにいろいろ書いていこうと思います。
posted by otometometome at 00:02| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。