2012年12月22日

今年もまた1年をふりかえってみました。

今年ももうとくにもうイベントもないので1年をふりかえってみました。

生活面では白髪がずいぶん増えたり疲れやすかったりと「老い」をひしひしと感じた1年でございました。
もう若くないなあ。ハア。
特にこれといってないです。

音楽の話にかわりますが、今年はいくつか除き見たいというものだけ見たという感じです。
音源も今まで追っている人たちのものしか買わず、たまに単発でiTunes Storeからダウンロードする程度。
そのかわり某バンドのレコードなどコレクターズ系は買った気がします。(←レコードは買わないと決めてたのに。もう病気だ)

何か今年買った新作CDは自分の中ではどれも不発で微妙な感じでした。これといって傑作!てものがなかった気がします。
今ちまたで流行ってる音楽はよくわかんないし興味ないので全く手をつけなかった。

とりあえずライブ編。

ちなみに今年行ったライブは

1/14 Hard-FI@Liquidroom Ebisu
2/24 Calvin Harris@WOMB
3/16 The Wombats@Shibuya Quattro
5/17,18 Manic Street Preachers@Studio Coast
8/10〜12 Incheon Pentaport Rock Festival@South Korea(Ash,Snow Patrol,Manic Street Preachers他を観ました)
9/26 Keane@Shibuya-AX
12/12 The Heartbreaks@Daikanyama Unit

まあ今年も色々観ましたがやっぱりPentaportが一番の思い出です。
お友達も一緒だったし大好きな3アーティストを観る事ができたしとにかくまだ記憶が全然思い出せるくらい脳裏に鮮明に残ってます。

あとはマニックスを今年3回も観れた事です。(実は新木場で観た2回より韓国で観たマニックスの方がよかったりします…。)

何か今年行ったライブはどれもお客さんの反応がとても良い雰囲気のライブが多かった気がします。
たいていこれだけ行ってると客の反応が1つくらい微妙なやつもあったりするので。

あとはとりあえず今年のよかった曲をいくつか。

Snow Patrol Fallen Empires

たぶん今年1番聴いた曲だと思う。
アルバム買ったときはんー、て感じだったんですがだんだん聴いてるうちにスルメのようにこのアルバムが好きになり、Pentaportで生で観てからはもっと好きになりました。

Ash Lay All Your Love On Me(ABBA Cover)

AshのLittle InfinityのカバーEP集の1曲。AshはオリジナルよりB-sideやカバーが好きなんです。
気がついたら買えなくなってしまった12インチを諦めきれず某サイトで買ってしまいました。

Japandroids Younger Us

去年から10年に1度あるかないかくらいの相当どハマりしたバンドです。今年だしたCelebration Rockは正直Post-Nothingより好きになれないのですが、ライブではThe House that Heaven Builtなんかは盛り上がるんだろうなあ…
過去の作品のの暗闇で全力疾走的な感じが大好きなんですがまあこれはこれで嫌いではないです。(今回は明るいところに出て全力疾走みたいな感じになってしまった…)最近やたら取り上げられてるのでハイプみたいにならないでほしいです。切実に。

We Are The Physics - Goran Ivanisevic

全く変わってなくて安心です(笑)ずっとこのオモシロ路線で突き進んでもらいたいですな。

とりあえず来年の目標は国内でも海外でもよいので普通に旅にでたいなあなんて思ってます。
まあそのためには金貯めなくちゃいけないんですけどなかなか貯まらん…
何かのんびり癒されたいとか思うように思うようになったのはやっぱりババアになったせいなのかしらねえ。
ラベル:音楽 つぶやき
posted by otometometome at 23:53| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

The Heartbreaks@Daikanyama Unitへいってきました。

Heartbreaks-2.jpg


だいぶ過ぎてしまいましたが12日にThe Heartbreaksみにいってきました。

ちなみに、The Heartbreaksのハードコアなファンのお友達からチケットが余ってるので行きませんかということで全く知らずに行ってきました(笑)

一応全く知らないのもアレなので某Tubeでさらっと聴いた程度です(スミマセン)
何かギターのキラキラ具合ががスミスっぽくもあり、若かりし時に聴いてたオレンジ・ジュースやヘアカット100とかにも似てます。懐かし。(あとで友達にきいたら彼らのアルバムはエドウィン・コリンズがプロデュースしたそうです。やっぱり。)

当日は早めにでたもののもうお友達は待ってた。早っ。
いつもこのお友達と一緒に行くと緊張で自分のほうがあせあせしてるんですが今回は逆でした(笑)

無駄に整理番号が若いのでロッカー入れても余裕で前の方へ行けるのでロッカーに荷物を置いてからギターの方付近のお友達付近のとこへ。

SEはずっと昭和歌謡なんですがいったい誰の趣味というかセレクトなのだろうか気になりました(笑)
いい趣味してます(笑)

そして19時を10分ほど過ぎてはじまりました。

ボーカルの方は緑のシャツに黒いスキニーで、ギターとベースはTシャツに角刈り、ドラムもTシャツという服装で、否が応でもボーカルに目がいくというかすんごいフォトジェニックな顔とスタイルをしとります。声も(良い意味で)甘ったるい声をしていてなんだか女子がこのボーカルにメロメロくるのもなんだか納得します。

とりあえず全然わからないながらも私はボーカルよりギターの方の音が気になってそっちばかり見てました。キラキラしたギターの音がすごく心地よかったです。

いろいろ歌ってましたが最後の曲だけ後ろからぐいぐい押されるほど盛り上がってた。一番有名な曲なんでしょうか。

The Heartbreaks - Delay, Delay


終了後はお友達もその友達2人ともセットリストをもらえたので撮らしてもらいました。
IMG_0594.JPG

終了後はフロアでお友達たちとお酒飲んでぐだぐだしててだいぶ遅くにロッカー戻ったらなんとギターとベースの方がでてきた!しかもサンプラーCDくれました。ラッキー。(本当は物販で買った人しかもらえなかったらしい)
700965031-1.jpg

当然ながらふれあいの会がはじまってしまったのでどさくさに紛れおいらもちゃっかりギターの人と写真撮ってもらいました(笑)ステージでは笑わない人だったけどステージから離れたら一番気さくな人でした。

久々こういう音を聴いたけどやっぱりネオアコ好き。
posted by otometometome at 13:28| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。